採用情報

分析技術を駆使して迅速かつ確実に品質を保証 工学部 生物工学科卒 (2015年入社) QUALITY CONTROL 品質管理部(富山)

私の仕事

確かな製品を世に送り出す門番の役割

品質管理部の使命は、GMPに準拠し、原材料の受け入れから製造工程、出荷前の製品まで、分析技術を駆使して評価試験を行い、品質を担保すること。そのために普段から欠かせないのは、整理整頓と清潔な環境の保持です。定期的に工場の環境試験や製品の安定性試験を行い、より安全で安心な生産を保証できるよう努めています。

現在、私は当社の主力製品の製造工程試験を担当。この試験は、反応終了や品質の確認試験の結果を製造にタイムリーに報告しなくてはならないため、正確さや素早さが求められます。おかげで、作業効率性や判断力を鍛えることができました。

調べ物をしているシーン

片山製薬所を選んだ理由

経営理念とアットホームな社風に惹かれたから

幼い頃から身体があまり丈夫ではなかったため、薬に何度も助けられてきました。いつか、自分が携わった薬で同じように人を助けたいという気持ちから製薬業界で仕事をしたいと心に決めていました。

大学で学んだ生物有機化学を将来的に活かすことができないかと考えながら、WEBで企業研究していたときに、偶然見つけたのが当社でした。参加した説明会で、経営理念の一つ“有機合成技術で「くすりづくり」に貢献”という言葉を聞いたこと、そして社内見学で、社員の皆さんの笑顔やアットホームな雰囲気から「生きる活力」を感じたことから、ここで技術を磨き、人の健康を支えたいと入社を決めました。

先輩に相談しているシーン

これから挑戦したいこと

品質保証にかかわる多様な業務を
担えるようになりたい

入社してから年数が経っていないので技術的にはまだまだ未熟ですが、安心して仕事を任せていただけるよう、さまざまな試験を一つひとつ確実にこなせるように努力しています。現在担当している主力製品だけでなく、早く他の製品の試験にも対応できるようになりたいと思っています。

また、今は自分の仕事に精一杯で、周りへの配慮が欠けていると感じています。周りの先輩方が今の私にしてくださっているように、心の余裕を持ち、「ここは私がやろうか」と後輩のフォローができるようになりたいです。

個人写真

忘れられないエピソード

慣れない作業に苦労しながらも、予定通りに試験を終了させたこと

入社して半年経った頃の出来事ですが、ある製品の製造工程試験と中間体試験を任せていただきました。しかし、慣れないHPLC(高速液体クロマトグラフィー)の試験を何台も抱えることに苦戦し、作業の遅さから共有機器を長時間使用することで周りに迷惑をかけてしまいました。自己嫌悪の毎日でしたが、そんなときも先輩が優しくアドバイスしてくれました。それをもとに作業効率を考え、諦めずに努力したところ、予定通りに仕事を終えられるようになりました。先輩の指導に感謝するとともに、よりよい方法を自ら考え、実行できたことに喜びを感じました。

私のキャリアステップ

1年目 前半
現場の基礎を
習得

器具や機械の配置を把握するために片付けや洗浄、棚卸しなど現場で必要な基礎の基礎を学ぶ。その後、業務の中で試験から記録の作成までの流れを習得。

1年目 後半
数々の失敗を経て、
自身の成長を実感

原料、行程試験を中心にとにかく数をこなし、徐々に要領を掴めるように。苦戦することは多々ありながらも、こなせる仕事が増えていく自分に成長を実感。

2年目(現在)
任される仕事が
増えてくる

製品試験や安定性試験を少しずつ任せてもらえるようになる。責任を感じつつも、トレンド管理や考察を周りから指示される前に習得できるように努力中。また、未経験の品目の試験にも積極的に取り組んでいる。

会社のここが好き アットホームで笑顔が絶えない職場
ページの先頭へ