採用情報

最新設備を備えた工場も稼働し、新たな環境で製造管理者としての実力を養う 工学部 生物工学科卒 (2014年入社) MANUFACTURING 製造部(富山)

私の仕事

上市製品である原薬の安定供給を管理する

製造部のミッションは、お客様から依頼を受けた医薬品原薬や中間体を製造することです。枚方工場が主に開発品を製造するのに対し、私の所属する富山工場が扱うのは “上市製品”。これは実際に医療機関で患者さんに投薬される治療薬のもととなるものです。当然厳しい品質管理と安定供給が求められるため、毎日が真剣勝負です。私はここで製造管理スタッフとして、GMPの品質基準を満たした製造ができるよう、指図書や記録書、製造報告書などの資料作成を行っています。

書類を制作しているシーン

片山製薬所を選んだ理由

仕事を通して人の役に立ちたいと思ったから

子どもの頃から理科や数学が好きで、生物工学科へ進学しました。就職活動では、その知識を活かした仕事に就きたいと、食品や化粧品、製薬業界などを考えていましたが、祖父母の入院などの経験を通し、病気で苦しむ患者さんのために何かできないかと考えるように。製薬企業への関心が高まっていたとき、大学の教授から薦められたのが当社でした。会社の事業内容はもちろん、会社の様子や雰囲気のよさに惹かれ、ここなら自分が大学で学んだ有機合成技術を生かしながら人の役に立つ仕事ができると思い入社を決めました。

上司に相談しているシーン

これから挑戦したいこと

研究職も視野に、多方面から製造管理力を高めたい

富山工場内に最新の設備を備えた第3製造棟が新設されました。この工場には製造プラントを最適に運用するシステムが導入され、生産性が飛躍的に上がりました。こうした新しい設備の運用ノウハウも学んでいきたいと思っています。

資格取得にも積極的に取り組んでおり、業務に必要な甲種危険物取扱者の資格を取得できました。今後、安全衛生管理者をはじめとした資格取得も考えています。最近は、海外に輸出する製品も手掛けていることやFDA(アメリカ食品医薬品局)の査察に備えようと、技術英語の勉強もはじめています。
将来的にはいつか、製造での経験を生かし、製造プロセスを検討する研究の仕事もやってみたいです。

個人写真

忘れられないエピソード

確実な作業の結果、製造工程の一部を任してもらえたこと

医薬品は、人の健康や命にかかわるものであるため、その製造はGMPという厳しいルールに基づき管理させています。入社後、まずこの基準について学び、その後はOJTで実践しながら覚えていきます。現場では、ユニットリーダーがマンツーマンで指導してくれるので、わからないことはすぐに確認できます。手順書通りに作業するものの、ときには予想外の反応が起こることがあります。配属当初は予期せぬ状況が起こると慌ててしまうこともありましたが、大切なのはその状況を正確に記録し、確実に報告することだと知りました。

入社半年が過ぎた頃、ユニットリーダーから「この作業、任せたよ」と言われたことは今でも覚えています。自分が信頼されている、そして会社の役に立っているのだと感じ、当時は本当に嬉しかったです。

私のキャリアステップ

1年目 前半
製造現場
作業員として

製造スケールが予想よりも大きく、驚く。覚えることがたくさんあり、一気に覚えようとせず、一つひとつ着実に作業を頭と体で覚える。

1年目 後半
製造の
コツを掴む

入社から半年ほどでようやく仕事の要領やコツを掴めてきた。仕事も任されるようになり、手応えを感じた。

2年目 前半
製造フローを
確実にこなす

製造フローを理解し、上司や先輩の指示が出される前に、「次にするべきことは…」と次作業の準備等先のことを見据えて仕事をするように。

2年目 後半~(現在)
製造現場作業員から
スタッフ職へ

現場経験を生かし、毎日書類と向き合い奮闘中。今までほぼ製造部内の上司、先輩、同僚としかコミュニケーションをとってこなかったが、仕事の幅が広がった為、他部署との意見交換等が増えた。

会社のここが好き 部門を超えたつながりが強いことが魅力
ページの先頭へ