採用情報

「くすりづくり」全体を見渡せる ゼネラリストをめざす 薬学研究科 薬科学専攻 修了 2015年入社 MANUFACTURING 製造部(枚方)

私の仕事

開発品の製造を管理業務を通して支える

枚方工場の製造部のスタッフ職として、作業手順書の作成や製造記録、生産計画など、製造に関する管理業務を担当しています。

枚方工場が製造を手掛けるのは、お客様である製薬企業から依頼を受けた開発初期段階にある中間体や原薬です。お客様から開示された製造プロセスや研究部が合成方法を検討した手順に沿って、短期間でスケールアップし、製造します。期間短縮は、お客様の開発計画にも直結するため、責任も大きい仕事です。薬になる可能性を秘めた原薬を滞りなく製造できるよう、管理面からバックアップしていきます。

※スタッフ職:文書作成、作業の指図、記録書類のチェック、生産計画の立案など、管理業務を担う役割のこと

現場で作業しているシーン

片山製薬所を選んだ理由

多様な面から「くすりづくり」に携われる

医薬品は、小さくてもその効果は絶大で、世界中の多くの人の健康を守る治療の要となるものです。子どもの頃から医薬品の恩恵を感じていたこともあり、将来はその開発の一端をになう仕事に就きたいと薬学部、薬学研究科に進学しました。

就職活動時は新薬の開発に携わりたいと製薬会社の選考を受け、苦戦する最中に片山製薬所を知りました。当社に勤める大学の先輩から、企業規模も大き過ぎないので、「くすりづくり」に関して多様な面から関われるのが魅力だと聞いて興味をもち、志望しました。

書類を制作しているシーン

これから挑戦したいこと

夢のある「くすりづくり」、
その全体をマネジメントしたい

「くすりづくり」は、とても夢のある仕事だと思います。現場で固液分離や乾燥といった最終工程を経て、原薬となる結晶の取り上げ作業しているとき、実際に自分の触れている結晶が、人々の健康を支える医薬品になる可能性を秘めていると思うと、何とも言えない高揚感があります。

今は現場作業員と管理する側のスタッフ職の両方を経験しています。まずは今の部署の仕事を十二分に熟知したスペシャリストに、そして将来的には他部門のことも学んで会社全体を見渡して意見できるゼネラリストになりたいです。

個人写真

忘れられないエピソード

製造現場の困難さに気づかされた

元々新薬開発の研究職に就くために就活を行っていましたので、製造部員として働き始めた当初は複雑な思いでした。しかし、「くすりづくり」はとても厳密で確実さが要求される毎日の連続です。数ヵ月間、製造作業員として実際の原薬づくりを経験する中で、何がおこるかわからない現場の難しさを実感しました。困難な状況をなんとか乗り越えた後、ユニットリーダーから「このメンバーでやれてよかった」と言われたときは、「くすりづくり」に関する考え方が変わりました。現場を知っているからこそ、より高品質で安定的に製造するシステム構築やマネジメントができるのだと実感しました。

私のキャリアステップ

1年目 前半
現場での
生産業務

製造部員として、実際の現場で開発品の原薬や中間体の生産を行う。体を動かす仕事に戸惑いつつも、先輩たちに助けられ、一つひとつ業務をこなす。

1年目 後半
現場と
スタッフ職の両立

現場作業を行いつつも、スタッフ職として空いた時間を見つけてデスクワークを行う。仕事量が増え、かなり忙しい時期もあった。

2年目(現在)
本格的にスタッフ職としての
業務が開始

1年目に現場で学んだことを活かして、現在は自分がスタッフ職として現場の作業員のサポートを全力で行えるよう奮闘中。

会社のここが好き 任せてもらえる仕事が多く、さまざまな経験ができる
ページの先頭へ